常温のお水をこまめに摂取する大切さ

暑い季節は冷たい飲み物を飲んで英気を養いたいと思う人が多いのですが、極端に冷たいものを飲むと胃腸を冷やして新陳代謝を鈍らせてしまいます。新陳代謝が鈍くなれば、さまざまな弊害が出てきますから、お水は夏場であっても常温で飲むことを心がけたいものです。

 

 

冷たいものばかりを飲んでいると、癖になってしまい、常温の水では満足できなくなります。慣れないうちは物足りなく感じますが、毎日のように飲んでいれば冷たくなくても美味しく感じられるようになります。あまりに温い水が苦手な場合は、湧水がある段丘崖などへ行って地下水を汲んで飲むのがおすすめです。地下水の温度は一年を通して一定で、夏場には冷たく感じられ、冬場には温かく感じられます。地下水ならば冷たすぎることがないものですから、冷蔵庫で冷やした水を飲むよりは胃腸への負担が軽減されます。

 

 

冬場の水道水は冷たくなりますから、電子レンジなどで温めることがおすすめですが、ウォーターサーバーがあるとさらに便利です。一年を通して一定の温度の水を飲むことは大切なことです。体の体温に近い温度の水を飲むことで、調子を整えることができます。胃腸を温めてあげて新陳代謝を促進して、免疫力を保つためにも常温の水を飲むことが欠かせません。

Comments are closed.