睡眠は量より質を大切に

夜更かしや不規則な生活などで生活リズムが乱れてくると、自律神経が乱れ、体の様々な不調を呼び起こします。

 
その生活リズムを整えるのに何より大事なのが、質の良い睡眠です。

 
たくさん寝たのにスッキリしない・かえってだるくなった、といった症状に表れるとおり、眠りには量より質が大切です。
質の良い眠りに欠かせないのが、体内時計のリズムに合った眠りなのですが、その体内時計を整える役割を果たしているのが、メラトニンといわれるホルモンです。

 
メラトニンは朝日を浴びると分泌が減り、体が活動状態となります。そして、光を浴びてから約14〜16時間ほど経過した後に再び分泌が始まります。 これにより体は休息状態となり、眠気を感じるようになるのです。

 
ところが、現代は夜になっても蛍光灯やテレビの画面、携帯・スマートフォンの画面など光があふれています。そのため、夜になってもメラトニンが分泌されず、自然に眠くなることが難しくなっています。

 
質の良い眠りを手にいれるには、まずしっかりと朝日を浴びること、そして、夜はなるべく光を浴びないように気を付けることが大切です。
体内時計に沿った自然な眠りが生活リズムをととのえ、自律神経を健やかな状態に導いてくれます。

Comments are closed.