自立心券を乱す1番の大敵はストレスです

動機やめまい、頭痛や下痢、そして憂鬱な気持ちが拭いきれない、といったつらい症状。病院へ行き、検査をしても何故か異常は見つからず長年悩んでいるといった人はたくさんいます。

 
それは自律神経の乱れが原因となっている、そんな可能性が大きいです。

 
そもそも自律神経とはどういうものなのでしょうか。

 
自律神経、それは自分ではコントロールの利かない自動的にはたらく神経の事を言います。例えば心臓を動かす、汗をかく、といったものでさらにその中から二つに分類されます。一つは交感神経、これは活動する神経。もう一つは副交感神経、休息する神経です。

 
これらがの神経のバランスが乱れると、様々な不調につながります。それを自律神経失調症と呼んでいます。
内臓の病気ではないので、検査をしても異常なしという結果になってしまいわからず生活を進めてしまうのです。その症状も個人によって様々で、定義や概念というものがありません。

 
味覚の異常や、手のしびれという本人にとっては非常につらい症状と出る場合があります。
このように症状が違うように、その原因も違ってきます。中でも大敵と言われるのが、ストレスです。人間関係、仕事のストレス、環境の変化などが引き起こす最大の原因と言えます。

Comments are closed.